ニキビ跡をきれいにしたい!美白ケアのポイントとは?

ニキビをせっかく治したのに跡が残ってしまうこともあります。シミのようなものができてしまうニキビ跡はどのようなケアできれいにしていくことができるでしょうか?

ニキビ跡が原因でできるシミには2つのタイプがあり自分のタイプを知ることが大事

美白ケアを行う際にはニキビ跡の特徴を踏まえたうえで適切な方法を取り入れていくことが大事です。

 

まず知っておきたいのはニキビ跡でできるシミには2つのタイプがあることです。

 

まずメラニン色素の沈着によって起こる通常のシミと同じケース。炎症が起こると肌を保護するために大量のメラニン色素が生成されてしまいます。

 

ただでさえ炎症が起こると肌の働きが低下してターンオーバーに乱れが起こりますから、生成されたメラニン色素がうまく排出されずに沈着を起こしやすくなってしまうのです。

 

なお、このメラニン色素の沈着にも表面に起こるケースと皮膚の奥にできるケースの2種類があります。炎症が深くにまで達していると角質層の奥で沈着を起こしてしまうこともあり、こちらの方が対策が難しくなります。

 

もうひとつのタイプは血液の影響で生じるパターンです。炎症によって血液にまでダメージが及ぶと肌の内部で出血を起こすこともあります。

 

その血液が血管の周囲の組織ににじみ出ていくことで内出血の状態を起こすと赤いシミのような状態になるのです。

ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、EGFなど角質細胞を活性化させる成分がおすすめ

ですからまず自分がどちらのタイプなのかもよく確認したうえでニキビ跡対策を行っていきましょう。いずれにしろ大事なのは炎症によってダメージを受けた皮膚の修復を促すことです。

 

表面のニキビがなくなっても肌の内部でまだ炎症が残っているケースも見られますからニキビ跡が気になる場合にはその後もしばらくケアを続けていきましょう。このケアでもっとも役立つのがビタミンC誘導体です。

 

炎症を防ぎつつ肌のダメージを修復し、さらにコラーゲンの生成を促しながらターンオーバーを活性化していく、そのうえ美白効果も備えているというのですからこれ以上ニキビ跡対策に適した成分はないといってもよいでしょう。

 

それからターンオーバーを活性化させる対策も欠かせません。メラニン色素にしろ、血液がにじみ出た場合にしろ、新しい肌と古い肌を入れ替わらせることで跡を目立たなくさせていくことが大事です。

 

プラセンタエキスやEGFといった角質細胞を活性化させる成分はもちろんのこと、睡眠環境の改善、ホルモンバランスの改善といった対策も取り入れていきたいところです。

 

とくにホルモンバランスの乱れはニキビそのものの原因にもなるだけに重要です。ニキビ跡の美白ケアでは美白成分よりもむしろこうした対策を重視することが求められますから、美白成分だけにとらわれて美白化粧品を選ぶようなことは避けたほうがよいでしょう。

美白も出来るオールインワン化粧品口コミ人気ランキング

美白もできるオールイワン化粧品口コミ人気ランキング

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

美白オールインワンパーフェクトワン

たるみ・ハリ不足に加えてシミ・ソバカスも防ぐ日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美白オールインワンピュアメイジング

シミと大人ニキビをWケア!美肌の二つの悩みを同時に解消するオールインワン
4,996円・税込み/定期初回1,980円2回目以降4,496円・税込
>>ピュアメイジングの公式HPで詳しく見てみる!
ホワイトニングリフトケアジェル

shimiusu

美容ランキング3冠達成!美白も保湿も叶う10役オールインワンの美白ジェル
4,743円・税別(定期3,795円・税別)
>>ホワイトニングリフトケアジェルの公式HPで詳しく見てみる!