美白の大敵!これだけは知っておきたい紫外線対策とは?

美白だけの問題ではなく美肌にとって紫外線は大敵です。極端な話スキンケアは紫外線対策がしっかりできているかどうかで決まるといっても過言ではありません。いくら一生懸命ケアを行っていても紫外線のダメージを受け続けているような状態では十分な効果は見込めませんし、シミやシワといったさまざまなトラブルが起こりやすいものです。

紫外線吸収剤を利用した日焼け止めは肌に負担がかかることがある

美白オールインワン

ではどうやって紫外線対策を行っていけばよいのか、ということになるわけですが、ここで注意したいのが日焼け止めの使用です。

 

UVカット効果を備えた日焼け止めを使用すれば紫外線を防ぐことができるじゃないか、と言われればその通りなのですが、スキンケアの観点から見るとそれでは不十分、肌に負担をかけない範囲内で対策を行っていくことが求められます。

 

基本的に日焼け止めはUVカット効果に優れていればいるほど肌への負担が大きくなってしまうからです。

 

代表的な例が紫外線吸収剤です。肌が浴びた紫外線を化学反応で無害なエネルギーに変換することで肌への影響を防ぐ作用を備えているのですが、この化学反応の過程で肌に負担をかけてしまう部分もあります。

 

そのため乾燥肌・敏感肌の方が使用すると紫外線対策効果よりも先に肌にダメージを与えてしまう恐れがあるわけです。ましてうっかり日焼けをしてしまったから効果の高い日焼け止めを使おう、といったことをすると肌荒れやシミの原因となってしまうので要注意です。

 

それだけに紫外線対策ではケースバイケース、紫外線の強さ、肌に浴びる時間を考えた上で適切な日焼け止めを選んでいく必要があります。

美白ケアと肌への負担のバランスを考え複数の日焼け止めを準備しておく

美白オールインワン

そのためひとつの日焼け止めだけを使い続けるのではなく、レジャー用、日常の外出用、休日外に出歩く用など、いくつかの日焼け止めを揃えたうえで使い分けるのがお勧めです。

 

その日焼け止め選びで欠かせないのが「SPF」と「PA」という数値です。前者はおもに日焼けの原因となるUVB、後者はおもにシワの原因となるUVAを防ぐ効果を示すものです。

 

たとえば日常の買い物などちょっとした外出だとSPF20〜30、PA+くらいの効果が必要とされています。海水浴やスキーなど紫外線を多く浴びる場合にはSPF40〜50、PA+++とかなりの効果が求められるようになります。

 

日焼け止めを選ぶ場合にはこの2つの数値を基準に選んでいきましょう。これはUVカット効果を備えた乳液や化粧下地を選ぶ際にも同様です。

 

あとは日焼け止めだけに頼らず日差しを直接さえぎる日傘や帽子などもうまく活用しましょう。帽子はつばが8センチ以上あると顔への紫外線を防ぐことができるのでおすすめです。

美白もできるオールイワン化粧品口コミ人気ランキング

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

美白オールインワンパーフェクトワン

たるみ・ハリ不足に加えてシミ・ソバカスも防ぐ日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美白オールインワンピュアメイジング

シミと大人ニキビをWケア!美肌の二つの悩みを同時に解消するオールインワン
4,996円・税込み/定期初回1,980円2回目以降4,496円・税込
>>ピュアメイジングの公式HPで詳しく見てみる!
ホワイトニングリフトケアジェル

shimiusu

美容ランキング3冠達成!美白も保湿も叶う10役オールインワンの美白ジェル
4,743円・税別(定期3,795円・税別)
>>ホワイトニングリフトケアジェルの公式HPで詳しく見てみる!