保湿と美白ケアは関係ある?美白で選びたい保湿ケア用品のポイントとは?

美白ケアを効果的に行っていくためには美白化粧品だけに頼るのではなく、総合的なスキンケアを心がけていくことが大事です。美白化粧品についても以前のように美白成分の効果をセールスポイントにするのではなく、むしろ美白成分は低刺激なものを重視したうえでシミができやすい肌環境の改善をおもな目的にしたものが増えています

保湿力の低下によるバリア機能不全でメラニン色素が作られやすくなる

美白オールインワン

そんな総合的なスキンケアでもっとも重要なのが保湿です。保湿ケアがしっかりできていなければどれだけ優れた美白化粧品を使っても十分な効果は得られないといってもよいでしょう。

 

それどころか保湿がしっかり行われていない乾燥した肌ではそもそも美白化粧品がつかない場合もあります。

 

美白ケアのポイントには2つあります。シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制しつつ、排出を促す点です。メラニン色素が作られる量が少なければその分角質に沈着を起こすリスクが減りますし、ターンオーバーでしっかり排出されていればやはり沈着を起こしにくくなります。

 

美白成分はメラニン色素の生成を促す働きで美白ケアに役立つわけですが、それもバリア機能がしっかり維持されていることが前提です。

 

メラニン色素はもともと紫外線などのダメージから肌を保護するために生成されます。ですからバリア機能が低下して刺激に対して敏感な状態ほど作られやすくなるわけです。

美白ケアの為に保湿アイテムを選ぶ時はバリア機能の改善に役立つ内容のものを選ぶ

美白オールインワン

保湿をしっかり行わずに乾燥しているとバリア機能の低下でメラニン色素が作られやすくなりますから、そこに一生懸命美白成分を補ったところで十分な効果は得られません。

 

まず保湿でバリア機能を改善しつつ、美白成分でメラニン色素の生成を抑制する。この2つをうまくリンクさせていくことが美白ケアの基本中の基本なのです。

 

それから先ほども触れたように乾燥で刺激に敏感になっているとそもそも美白化粧品が使えない場合もあります。

 

美白成分は効果が高いほど肌への刺激が強くなる部分があるため、高い効果が期待できる美白成分を使いたい場合には保湿の段階でバリア機能をしっかりと改善しておく必要があるわけです。

 

こうした点から美白目的に保湿ケア用品を選ぶ場合にはバリア機能の改善に役立つセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分をしっかり補える成分を選びましょう。またバリア機能が低下している肌は油分が不足しているので乳液・クリームで補うのも重要です。

 

セラミドは脂溶性なのでこれら油分が多いアイテムの方が補いやすい面を備えていることも忘れないようにしましょう。

美白もできるオールイワン化粧品口コミ人気ランキング

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

美白オールインワンパーフェクトワン

たるみ・ハリ不足に加えてシミ・ソバカスも防ぐ日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美白オールインワンピュアメイジング

シミと大人ニキビをWケア!美肌の二つの悩みを同時に解消するオールインワン
4,996円・税込み/定期初回1,980円2回目以降4,496円・税込
>>ピュアメイジングの公式HPで詳しく見てみる!
ホワイトニングリフトケアジェル

shimiusu

美容ランキング3冠達成!美白も保湿も叶う10役オールインワンの美白ジェル
4,743円・税別(定期3,795円・税別)
>>ホワイトニングリフトケアジェルの公式HPで詳しく見てみる!