化粧水で美白ケアはできる?美白で選びたい化粧水のポイントとは?

かつて美白化粧品といえばその多くが美容液でした。有効成分を補うために使用する美容液は美白成分を補う手段としてもっとも優れていたからです。しかし美白ケアへの関心の高まりや美白化粧品の需要の増加などから現在では化粧水や乳液、クリームなどでも美白効果を備えたものが発売されるようになっています。

美白化粧水に配合されている美白成分は低刺激なものが多く高い効果は期待できない

美白オールインワン

では化粧水で美白ケアができるのか?たとえば美容液などで美白ケアは行わずもっぱら美白化粧水で美白ケアを行った場合にシミを予防・改善していくことができるのか?結論から言えば化粧水だけでは難しいでしょう。

 

もともと全体の80パーセントが水分で占められている化粧水は本来水分を補い肌を整えるためのアイテムです。そのため美容成分を配合するにしても含有量はどうしても限られてくるので美容液ほどしっかりと補うことは難しいのです。

 

また化粧水は洗顔後の無防備で敏感になっている肌に使用するアイテムです。だからこそ水分を補って肌を整える必要があるわけですが、そんな化粧水に肌に刺激をもたらす可能性もある美白成分を配合すると効果よりもダメージの方が大きくなってしまうリスクがあります。

 

そのため美白化粧水に配合されている美白成分はビタミンC誘導体をはじめ肌への負担が少ないものが多くなっています。ハイドロキノンのように非常に優れた美白効果を備えた成分は化粧水には配合しにくいので期待した効果が得られないケースも多くなります。
化粧水
このように美容液に比べるとは美白化粧品としては効果の点で一歩劣る面がどうしてもでてきます。基本的にはシミができないよう予防するときのために使用するのに適したアイテムといえるでしょう。

美白ケアを目的に美白化粧水を選ぶ場合も化粧水としての機能を最優先する

美白オールインワン

すでにシミができてしなって何とか薄くしたいといった場合にはやはり美白美容液を使ったほうが効果が期待できます。

 

美白化粧水のメリットが発揮されるのは美容液など他のアイテムと組み合わせた場合でしょう。美白美容液と組み合わせることで相乗効果も期待できます。ですから美白目的で化粧水を選ぶ場合には美白成分よりもまず化粧水としての内容に着目してみましょう。

 

化粧水には洗顔後の肌を整えてその後美容液の浸透性や肌への馴染みやすさをサポートする役割があります。美白効果があるけれども肌に合わない化粧水を使用するくらいなら、肌環境をしっかり整えて美白美容液の効果を最大限にまで高めてくれる化粧水の方が適しているともいえます。

 

そのため美白効果にあまりこだわらず、シミ・くすみができにくい肌環境を整えていくためにどんな製品を選べばいいのかを意識して選んでいきましょう。

 

美白もできるオールイワン化粧品口コミ人気ランキング

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

美白オールインワンパーフェクトワン

たるみ・ハリ不足に加えてシミ・ソバカスも防ぐ日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美白オールインワンピュアメイジング

シミと大人ニキビをWケア!美肌の二つの悩みを同時に解消するオールインワン
4,996円・税込み/定期初回1,980円2回目以降4,496円・税込
>>ピュアメイジングの公式HPで詳しく見てみる!
ホワイトニングリフトケアジェル

shimiusu

美容ランキング3冠達成!美白も保湿も叶う10役オールインワンの美白ジェル
4,743円・税別(定期3,795円・税別)
>>ホワイトニングリフトケアジェルの公式HPで詳しく見てみる!