日焼けしてしまった後はどのようなケアをしたらいいの?

海水浴などで紫外線対策が不十分でうっかり日焼けしてしまった場合には早く適切な処置が重要です。その日のうちに、はもちろんその場での応急処置を含めた迅速なケアが求められます。

日焼け後はまず冷やすことが大切

日焼け後のケア

日焼けしてしまった場合にはまずその部分を冷やしましょう。日焼けは軽度のやけどと同じ現象ですから、冷やすことで肌の炎症とダメージの拡大を防いでいく必要があります。放置しておくと炎症が進んで肌の奥で色素沈着を起こしてしまう恐れがあるほか、腫れが生じてしまうこともあります。

 

ポイントとしては10分以上は冷やし続けることです。ごく短時間冷やしただけでも肌が冷えて炎症が治まったように感じるものですが、肌の奥ではまだダメージが残っているものです。油断せずにじっくりと冷やし続けましょう。冷たいシャワーを浴びる、冷水を浸したタオルを当てる、氷水を包んだタオルを当てるといった方法がおすすめです。

 

なお氷水を入れたビニールをそのまま当てたり、氷水にそのまま患部を入れたるすると肌に負担をかけてしまうので避けた方が無難です。

 

ある程度冷やして落ち着いたら次は保湿です。紫外線は肌の乾燥の原因になるとよく言われているように日焼けした肌は水分が失われて乾燥している状態です。バリア機能も低下していますから、そのままにしておくとまた紫外線を浴びてダメージが蓄積してしまう恐れがありますし、日焼けだけでなく肌荒れもひどくなってしまいます。保湿効果に優れた化粧水で保湿を行っていきましょう。

日焼け後はたっぷり化粧水を使ってケアすること

日焼け後のケア

保湿化粧水は日ごろ使っているものでもとくに問題はありませんが、できれば敏感肌用など低刺激のものを使いましょう。美容効果に優れた化粧水の中には美白成分やレチノール、ビタミンC誘導体など日焼けした肌にはちょっと刺激の強い成分が配合されていることもあるので注意しましょう。

 

また、化粧水はたっぷり使ったほうが効果が増します。普段よりもぜいたくに2〜3倍くらいの量を惜しみなく使って保湿ケアを行っていきましょう。

 

あとは水分補給。体の内面も水分不足に陥っている可能性があるので保湿だけでなく水分も補っておきましょう。体内の水分量が増えると肌の保湿力も向上するので保湿効果を高めるのにも役立ちます。

 

ここまでが当日にできるケアです。もし翌日になっても火照りが引かない、腫れが出てきた場合には軟膏などでより入念なケアを行います。それでも症状が改善されないような早目に皮膚科で診察を受けるようにしましょう。ここまで深刻な日焼けになることは少ないですから、まずは当日にできるケアをしっかり心がけていざというときのために備えておくようにしたいものです。

美白も出来るオールインワン化粧品口コミ人気ランキング

美白もできるオールイワン化粧品口コミ人気ランキング

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

美白オールインワンパーフェクトワン

たるみ・ハリ不足に加えてシミ・ソバカスも防ぐ日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

Psホワイトクリーム

Psホワイトクリーム

美白+保湿を叶える二つの美白有効成分と98%の美容成分をたっぷり配合!
6,225円・税別/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美白オールインワンピュアメイジング

シミと大人ニキビをWケア!美肌の二つの悩みを同時に解消するオールインワン
4,996円・税込み/定期初回1,980円2回目以降4,496円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!