自分に合う日焼け止めの選び方とは?

日焼け止めは紫外線対策に欠かせないものですが、紫外線を防ぐ効果だけで選ぶわけには行きません。自分の肌に使っても問題ないか、しっかりと日焼けやシミを防ぐことができるか、幅広い観点から選んでいく必要があります。

日焼け止めは最小限の負担で防ぐことができる成分を選ぶこと

日焼け止めの選び方

日焼け止めの最大の問題点はUVカット効果が高い製品ほど肌への負担が大きくなる点です。これさえなければUVカット効果がもっとも優れたものを選んでいけばよいわけですが、実際にはそうした選び方をしていると肌に負担をかけてダメージを蓄積させてしまう恐れがあります。

 

自分の肌に合っているのはもちろん、紫外線を浴びる状況に併せて適切な日焼け止めを使い分けるといった工夫も求められます。原則としては「常に最小限の負担で紫外線を防ぐことができる」成分を選んでいきます。

 

たとえば紫外線があまり強くない日やあまり外出しない日にSPF50のようなレジャー用の日焼け止めを使ってしまうと効果よりも負担のほうが大きくなってしまう恐れがあるわけです。あまり紫外線を浴びないときにはSPF10〜20くらいのアイテムを、海水浴やスキーのように紫外線をたくさん浴びるときにはSPF30〜50の強力なアイテムをとシチュエーションに合わせて複数の日焼け止めを使い分けるのが理想的です。

 

なお、このUVカット効果に関してはSPFとPAという2種類の基準があり、日常生活の使用ではSPF10〜20、PA+程度、アウトドアやスポーツなど屋外での活動ではSPF20〜30、PA++程度、海水浴やスキーなど紫外線が強い場所ではSPF30〜50、PA+++程度が目安となっています。日焼け止めには必ずこうした数値が記載されているので目安にしましょう。

敏感肌は紫外線散乱剤を使った日焼け止めがおすすめ

日焼け止めの選び方

もう少し細かく見ると紫外線にはUVAとUVBの2種類があります。UVAは真皮まで達してシワやたるみの原因になるタイプ、UVBは表皮にダメージを与えて日焼けやシミの原因になるタイプです。そしてSPFはUVBを、PAはUVAをそれぞれカットする効果を示す数値です。ですからシワやたるみを防ぎたい方はPA、日焼けとシミ対策を重視している場合にはSPFを重視して選んでいくとよいかもしれません。

 

あとは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いを知っておきましょう。前者のほうがUVカット効果には優れているものの、紫外線を化学反応で無害化させる過程で肌に負担をかけてしまうマイナス点を抱えています。刺激に敏感になっている乾燥肌・敏感肌の方、加齢による衰えが気になる方は紫外線散乱剤を使った日焼け止めから選んだほうが肌に優しく使用できるでしょう。

 

こうしたポイントを踏まえておくだけで自分に合った日焼け止めを選びやすくなります。顔用とボディ用で分けるなどの工夫も検討しながら選んでいきましょう。

美白も出来るオールインワン化粧品口コミ人気ランキング

美白もできるオールイワン化粧品口コミ人気ランキング

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

美白オールインワンパーフェクトワン

たるみ・ハリ不足に加えてシミ・ソバカスも防ぐ日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

Psホワイトクリーム

Psホワイトクリーム

美白+保湿を叶える二つの美白有効成分と98%の美容成分をたっぷり配合!
6,225円・税別/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美白オールインワンピュアメイジング

シミと大人ニキビをWケア!美肌の二つの悩みを同時に解消するオールインワン
4,996円・税込み/定期初回1,980円2回目以降4,496円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!