ニキビ跡も美白化粧品で消えるの?

せっかくニキビを治すことができても跡が残ってしまうとその後も悩みを抱え続けることになってしまいます。何とかして解消する方法がないものかといろいろな方法を試している方も多いと思いますが、そんな選択肢の一つが美白化粧品。シミを消すのに役立つならにきび跡も消せるのではと考えるのはごく自然のことですが、実際に消すことができるのでしょうか?

美白化粧品は炎症性色素沈着のニキビ跡に対して有効

ニキビ跡のケア

この点に関しては2つのポイントがあります。まず美白化粧品がニキビ跡に対してどれだけ効果を発揮するか、もうひとつは自分が抱えているニキビ跡がそもそも美白化粧品で対処できるものなのかどうか。とくに重要なのが2つ目のポイントです。

 

ニキビ跡とはニキビと炎症がもたらした肌へのダメージが跡になって残ってしまったものですが、どのようなダメージがもたらされたかによっていくつかの種類があります。美白化粧品の効果が期待できるのはそのうち炎症によってメラニン色素が沈着を起こしてしまった炎症性色素沈着に対してです。

 

それ以外の肌の内部で炎症がまだ残っていたり、毛細血管が拡張したことで赤みができているタイプや皮膚表面がクレーター状にデコボコになってしまっているタイプには効果が期待できません。これらのはそれぞれの対策方法が必要になりますから、まず自分のニキビ跡が美白化粧品で改善できるのかどうかを確認しておきましょう。

 

もうひとつ問題は炎症性色素沈着に対して美白化粧品がどれだけ効果を発揮するか、です。通常の紫外線を浴びてメラニン色素が沈着を起こしたシミに比べてニキビ跡をもたらした炎症性色素沈着は肌へのダメージも大きく、色素沈着が肌の奥で起こっています。そのため美白化粧品では期待したほどの効果が得られない可能性もあるのです。

ハイドロキノンとビタミンC誘導体はニキビ跡の改善に適している

ニキビ跡のケア

この点は使用する美白化粧品にどれだけの美白効果があるか、また自分の肌に適した美白化粧品を見つけることができるか重要になってきます。

 

アルブチンやトラネキサム酸といった一般的な美白成分はメラニン色素の生成を抑制する働きを備えています。そのためシミを予防する効果には優れていてもニキビ跡のようにすでに沈着を起こしてしまったシミには十分な効果が期待できない場合が多いのです。それに対してハイドロキノンとビタミンC誘導体は沈着を起こしたメラニンを薄くする還元作用があるのでこちらの方がニキビ跡の改善には適しています

 

しかしハイドロキノンは効果に優れている一方、肌への刺激も強く、ニキビが治ったばかりでまだ刺激に敏感な肌には適さない場合もあります。

 

このようにニキビ跡を美白化粧品で改善していくためにはニキビ跡の種類を確認したうえで肌に負担をかけずに改善効果が得られる製品を見つけ出すことが大事です。美白成分だけでなくターンオーバーを活性化させるプラセンタやEGFなどの有効成分にも着目したうえで選んでいくとよいでしょう。

美白も出来るオールインワン化粧品口コミ人気ランキング

美白もできるオールイワン化粧品口コミ人気ランキング

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

美白オールインワンパーフェクトワン

たるみ・ハリ不足に加えてシミ・ソバカスも防ぐ日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

Psホワイトクリーム

Psホワイトクリーム

美白+保湿を叶える二つの美白有効成分と98%の美容成分をたっぷり配合!
6,225円・税別/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美白オールインワンピュアメイジング

シミと大人ニキビをWケア!美肌の二つの悩みを同時に解消するオールインワン
4,996円・税込み/定期初回1,980円2回目以降4,496円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!