知っておきたい美白化粧品に含まれる成分の効果と注意点

美白化粧品に含まれる成分-アルブチン-

アルブチンはさまざまな美白化粧品に使用されており、これからシミ・くすみ対策をはじめようと考えている方にとっても無視できない成分です。

メラニン色素の生成を抑制する効果に優れている

シミ・くすみの主な原因となるメラニン色素の生成を抑制する優れた効果を備えています。

 

メラニン色素は紫外線や炎症などの原因で肌に刺激がもたらされた際に生成されます。

 

シミの原因となることからすっかり悪役扱いされてしまっていますが、本来刺激から肌を守る非常に重要な役割を担っているのです。

 

この生成されたメラニン色素はターンオーバーの過程で古くなった角質とともに排出されていきます。

 

しかし生成量が過剰になるとターンオーバーでは排出しきれなくなり、残った分が沈着を起こすことでシミ・くすみの原因となるのです。

 

このメラニンは肌に刺激を受けた際にメラノサイトという組織で作られるのですが、この組織の働きを活性化させる役割を担っているチロシナーゼという酵素があります。

 

アルブチンはこのチロシナーゼの働きを抑制する効果があるのです。

 

そのため、長時間の外出など紫外線を浴びそうな時にアルブチンが配合された美白化粧品を使用することでシミを予防することができるのです。

予防効果がメインなのですでに出来たシミやくすみには効果が薄い

一方、すでに沈着を起こしてしまったシミ・くすみに対しての効果は限定されます。

 

あくまで新たに原因となるメラニン色素の生成を抑制する予防効果がメインだからです。

 

ただ、できてしまったシミ・くすみは放置しておくとますます濃くなってしまいます。それを防ぐ対策に役立てることが可能です。

 

こうした優れた予防効果と限定された解消への効果から、ターンオーバーを活性化させる成分と合わせて配合されるケースが目立ちます。

 

アルブチンでシミ・くすみの発生や悪化を防ぎつつ、ターンオーバーで新しい肌への生まれ変わりを促すことでシミ・くすみの改善を目指そうというわけです。

 

こうした成分の特徴や効果的な活用方法なども考慮したうえでアルブチンが配合された美白化粧品を選んでいくとよいでしょう。

美白も出来るオールインワン化粧品口コミ人気ランキング

美白化粧品に含まれる成分-トラネキサム酸-

トラネキサム酸は美白化粧品に使用されている美白成分の中でも安全性が高く、肌質に関係なく使用しやすい特徴を備えています。

安全性が高く、肝斑に対しての優れた治療効果がある

この成分はもともと医療の分野で止血剤や抗炎症剤として使用されており、口内炎や蕁麻疹などの症状にも使用されていることから安全性の高さが窺えます。

 

この成分が美容の分野で知られるようになったのは肝斑に対しての優れた治療効果からです。

 

肝斑は30〜40代にかけての女性に良く見られるシミの一種で、老人性色素斑などのシミとは異なる特徴を備えています。

 

現在でもまだはっきりとした原因は解明されていないのですが、妊娠やピルの服用によって生じるケースが多いことから女性ホルモンの影響がおもな原因とされています。

 

そのため老人性色素斑向けの対策や美白成分では十分な効果が得られないのです。

 

トラネキサム酸はそんな厄介な肝斑の治療に広く用いられてきました。

 

医療機関では肝斑の治療として内服薬の形で処方されますが、この成分をスキンケア製品に役立てるケースが増えているのです。

 

この場合肝斑だけでなく広くシミ・くすみに対する効果が期待できるため、冒頭に挙げた安全性の高さからそのメリットが注目を集めるようになっているのです。

炎症を防ぐ効果とメラニン色素の生成を抑制する効果も

効果のポイントは抗プラスミン作用と呼ばれる効果にあります。

 

プラスミンとは血液の凝固を防ぐ作用を持った物質で、この活動が活発になると出血が止まりにくくなります。

 

そのためプラスミンの活動を阻害するトラネキサム酸が止血剤として使用されているのですが、じつはこの物質には炎症を防ぐ効果とメラニン色素の生成を抑制する効果も備わっているため、冒頭に挙げた症状のほかしみ、くすみ対策にも役立つのです。

 

くすみの中でもとくに多いメラニンの沈着によるくすみに効果的です。

 

シミ・くすみ対策に活用する際にはビタミンC誘導体やレチノールといった成分と併せて摂取すると相乗効果が期待できます。

 

メラニンの生成を促しつつターンオーバーによる排出を促すことができるからです。くすみ対策の際にはこの点も考慮しながらこの成分を役立ててみてはいかがでしょうか。

 

美白化粧品に含まれる成分-ビタミンC誘導体-

ビタミンC誘導体は「万能の美白成分」とも呼ばれる効果で幅広くくすみ対策に効果を発揮してくれる成分です。

予防だけでなくメラニンを薄くする還元作用もある成分

くすみにはさまざまな種類があり、その原因に合わせた対策方法が求められますが、ビタミンC誘導体ならほとんどのくすみに対して効果が期待できます。

 

まずメラニンによるくすみ。紫外線の影響などでメラニン色素が増加すると沈着を起こして肌全体にくすみが生じるようになります。

 

ビタミンC誘導体にはこのメラニン色素の生成を阻害する働きがあるため、このタイプのくすみの予防に効果的なのです。

 

さらに沈着を起こしてしまったメラニンを薄くする還元作用もあるのですでにくすみが進行している場合の対策にも役立ちます。

 

それからターンオーバーの改善。これはほとんどのくすみ対策で重要なポイントとなってくるもので、ターンオーバーを促してメラニン色素をしっかり排出させる環境を維持することがくすみ対策の基本となります。

 

ビタミンC誘導体には体内でコラーゲンの生成を促す効果があるためターンオーバーを効果的に活性化させることができます。

抗酸化作用に優れ老化対策もできる万能の成分

それから抗酸化作用。老化が進むと紫外線の影響を受けやすくなり、シミ・くすみが起こりやすくなります。

 

また老化によるターンオーバーの乱れも見逃せません。加えて近年くすみの原因となっている糖化も老化と深く関わる問題です。

 

エネルギー生成に使用されなかった糖分がたんぱく質(コラーゲンなど)と結びつくことでAGEsと呼ばれる物質が作られます。

 

この物質は褐色をしており、糖化によって量が増加すると肌の表面を黄ばんだ状態に見せてしまうようになります。

 

これは糖分の過剰摂取や老化が直接の原因と言われているだけに抗酸化作用による老化対策が非常に重要になるのです。

 

このように、ビタミンC誘導体はメラニン色素への直接的なアプローチから老化対策まで幅広い効果でシミ・くすみ対策に役立ってくれます。

 

他の美白成分と比べて安全性が高いという点も大きな魅力として挙げられるでしょう。

 

美白化粧品に含まれる成分-ハイドロキノン-

ハイドロキノンは美白成分の代表格といってもよいでしょう。

ハイドロキノンは他の美白成分に比べ効果が10〜100倍にも

シミ対策に広く用いられていますが、メラニン色素の沈着によって起こるくすみの改善にも役立ちます。

 

現在市場に出回っている美白成分の中でももっとも強力な効果を備えており、なかなか薄くならないシミの解消にも役立ちます。

 

この美白成分ではメラニン生成の抑制と還元作用の2つのアプローチでシミ・くすみに効果を発揮します。

 

まずメラニン生成の抑制は予防に役立つもので、シミ・くすみの原因となるメラニン色素の生成量が減少することで角質層への沈着を防ぐことができます。

 

他の美白成分もこの予防効果をメインにしているものがほとんどですが、ハイドロキノンの場合、それらの成分と比べて効果が10〜100倍にも及びます。

浸透性と安定性に問題があるのと刺激が強い点がデメリット

そして重要なのが2つ目のアプローチ。すでに沈着しシミ・くすみとなってしまったメラニンを薄くする還元作用が備わっているのです。

 

他の美白成分のほとんどは上述したメラニン生成の抑制のみの効果に留まっており、基本的にはシミ・くすみの予防として活用されます。

 

それに対してハイドロキノンでは酸化して沈着を起こしたメラニン色素を元に還元することで薄くすることができるのです。

 

なお、この還元作用はビタミンC誘導体にも備わっていますが、効果はハイドロキノンの方がはるかに強力です。

 

このように予防と改善の両方に役立つハイドロキノン、美白成分の代表格という評価も当然といえます。

 

しかしこの成分にはいくつかの弱点と問題点も抱えているのです。まず弱点としては浸透性と安定性の悪さ

 

肌に浸透しにくく、外気や熱の影響で効果が損なわれてしまいやすいのです。それから問題点は肌への刺激

 

効果が強力すぎて肌が白くなってしまう白斑という副作用が起こることもありますし、強い刺激によって肌荒れの原因をもたらすケースも少なくありません。

 

美白化粧品に含まれる成分-プラセンタ-

プラセンタはエイジングケア化粧品に含まれることが多い成分で、シミ予防にも効果が期待できます。

非常に優れた栄養価を備え健康な肌作りに役立つ

プラセンタとは「胎盤」の意味。哺乳類の胎盤から抽出されたエキスのことを言います。

 

胎盤には胎児の成長を促すため非常に優れた栄養価が備わっているのです。

 

とくに重要なのがアミノ酸と各種ビタミン、ミネラル。アミノ酸は肌の原材料となるため、健康な肌作りには欠かせません。

 

またビタミン、ミネラルはアミノ酸がたんぱく質へと合成されるのをサポートしたり、エネルギーの生成をサポートする働きを備えています。

 

無理なダイエットや偏った食生活でこうした成分が不足することがシミの一因となっているケースも多いため、肌への栄養補給の手段として適しているのです。

 

しかしそれ以上に重要なのが皮膚細胞を活性化させる効果。

 

胎盤には成長因子(グロースファクター)という物質が含まれています。

 

胎児は短期間に驚くほどのペースで成長していくのですが、その細胞分裂による成長を促すのが成長因子です。

 

これによって皮膚細胞の働きを活性化し、ターンオーバーの改善効果を得ることができます。

 

生成されたメラニン色素を沈着させずにしっかりと排出させることでシミを根本から予防することができるというわけです。

プラセンタを選ぶ際には原材料や種類にも着目したい

もうひとつ、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する効果が備わっていることも近年の研究で明らかになっています。

 

メラニン色素を生成するメラノサイトという細胞を活性化するチロシナーゼという酵素の働きを阻害する働きがあるのです。

 

つまりメラニン色素そのものを減らしつつターンオーバーの改善によって沈着を防ぐという二重のシミ対策効果が期待できるわけです。

 

このプラセンタを配合したスキンケア製品を選ぶ際には原材料や種類にも着目しましょう。

 

現在ウマ由来のプラセンタがもっとも優れていると言われており、そのほかはブタやヒツジ由来のものがあります。

 

それぞれの特徴や価格なども考慮して最適なプラセンタ製品を選び、日々のシミ対策に役立てていきましょう。

美白も出来るオールインワン化粧品口コミ人気ランキング

美白もできるオールイワン化粧品口コミ人気ランキング

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

美白オールインワンパーフェクトワン

たるみ・ハリ不足に加えてシミ・ソバカスも防ぐ日本で最も売れているオールインワン
お試し1か月4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

ましろっぷ

98%が美容成分!43種の美白・美容成分で美白とエイジングケアが同時に叶う!
6,000円・税込/定期3,480円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

Psホワイトクリーム

Psホワイトクリーム

美白+保湿を叶える二つの美白有効成分と98%の美容成分をたっぷり配合!
6,225円・税別/定期初回1,980円(2回目以降4,980円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!

薬用Wオールインワンジェル ピュアメイジング

美白オールインワンピュアメイジング

シミと大人ニキビをWケア!美肌の二つの悩みを同時に解消するオールインワン
4,996円・税込み/定期初回1,980円2回目以降4,496円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

ホワイトニングリフトケアジェル

shimiusu

美容ランキング3冠達成!美白も保湿も叶う10役オールインワンの美白ジェル
4,743円・税別(定期3,795円・税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!